セミしぐれおたく日記

アクセスカウンタ

zoom RSS きみが恋に溺れる act.10

<<   作成日時 : 2009/02/01 23:54   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

そんなわけで、2章最終回です。
続き・・続きがあるなんて・・・(感涙)。
3章決定おめでとうございます〜vvv

***



ASUKA CIEL (アスカ シエル) 2009年 03月号 [雑誌]
角川グループパブリッシング


Amazonアソシエイト by ウェブリブログ



さて、2章最終回です。
最終回ですが、3章も確実にあるそうなので、色々続いてます。
わーーーいっっ。

まあ、とりあえずその話は置いといて・・。

『あの男・・・・・
 ドS・・・・・・・・』


に悶えて倒れそうになった私は変ですか。
変ですね・・。
いやもう、変でいいです。もう、いいです。(開き直り)

もう、このコマ、史上最高に好きなんですが・・・!!!

れ、礼一郎さん可愛い・・!
こま、こまっっ、困ってる・・・!!!
目が!
眉毛が!
肩が!
握り拳がぁぁぁぁぁ!!!!

鬼島さん、いじめっ子・・!

そして背後の陣内さんが情けなさ過ぎる・・・!!(大爆笑)

『ドS』という単語で別の人が頭をよぎって余計変になった気がしなくもなくもない・・ですが、でも!でもでも、

『あの男・・・・・
 ドS・・・・・・・・』


ばたんきゅー。
萌え!!



ちょ、最後の3ページで変なスイッチが入って萌えすぎて、えろがあったことを本気で2分くらい忘れてたくらいですが、とりあえず扉絵に戻ります(今更)。

貴方のためについた嘘
歪みはそこから生まれていき     ・・・



アオリ


どんなにシリアスな扉絵でも、どんなに不安をあおるアオリでも、うっかり笑ってしまうのは何故・・。
え、ドラスティック・ラブストーリーなん・・・・?
ラブコメじゃなくて・・・?

もしかして私はCIEL編集部の意向とは全く違う方向に走ったんでしょうか・・。
いやでも、これ、笑ってもいいですよね・・?
え、ダメなのかな・・・。

まあいい(よくないよ)。


ああ、シリアス展開なのに!
読み返したら、やっぱり最初はシリアス展開なのに!!
お見合いの話を黙ってた・・とか、お互いに内緒にしてたことがあったり・・とか、シリアス展開なのに・・!

「引き返して・・
 見てた
 全部


で、爆笑。

いや、この礼一郎さんは男前で格好良くて・・そう、これで爆笑したんじゃなかったんでした。
次のコマでした。

どおお

となってる陣内さん・・・・。

あんた・・ほんまに攻か・・・・・。
格好良さの欠片も・・・。

ええ、そういうところが大好きなんですけども!(開き直りその2)

だいたい、言うに事欠いて、

「なんつーか 事故?
 いやむしろ 通り魔的な!?」


て、どんな言い訳!?(爆笑)


陣内さんが情けなければ情けないほど、礼一郎さんの男前度が際だつという・・・いいコンビカップルだ・・・。

なんで、陣内×礼一郎なんでしょうね。
ほんと謎ですね。
なんでこんな男前な礼一郎さんを好き勝手できるんでしょうね・・・。
陣内さん、こんな情けないのに・・(愛ゆえの暴言)。

見合いについても、全然納得してないし(笑)

春ってのは短いものだから

に過剰反応してるし(笑)

いやでも、ほんとに鬼島さんイイなあ・・。

春ってのは短いものだから

縁起でもないことを全開の笑顔で言っちゃうところが大好きだ!




はー。とにもかくにも、わたくし的には2章最終回は『ドS』に尽きます。

ドS・・・。
ドS・・・・・・。

うん、それ、陣内×礼一郎はあんま関係ないから。
鬼島onlyの感想だから。

分かってますから・・・!


そして、やはり、そろそろ「私はひなこ先生作品の中で一番好きなキャラは陣内さんです」と宣言した方がいい気がしてきました・・・・・。
うすうす思ってたんですよね・・・なんか兄さん超えた気がするな・・・とか・・・・・・。

何故こんなことに・・・・・・・・。







テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

サイト内ウェブ検索

きみが恋に溺れる act.10 セミしぐれおたく日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる